目指せ未来の介護福祉士 CATEGORY

目指せ未来の介護福祉士

2017/10/06

介護福祉士をめざしたきっかけ

~七恵会・第二長上苑 鈴木悠里さん~

私が介護福祉士を目指したきっかけは、高校時代にボランティアで月1回、障がい者施設へ
訪問している中で福祉に興味を持ったことです。
ボランティアをきっかけに福祉の大学への進学を決めました。

介護について勉強していくなかで、また、実習施設で入所されている方々の日常生活に
かかわっていくなかで“その人らしさ”とはなにかを考えるようになりました。

身体的や認知症などで生活に不自由なことが増えていくなか、今まで生活していた環境を
施設の中で反映させていくためにはどうしたらいいのかを考えることができました。

学生の時、よく祖父母の家へ遊びに行っていた私は、ゆくゆくは自分の祖父母が年老いて
日常生活にサポートが必要になった際に同居していない立場の中からでも、私自身が生活の
サポートができたらと思い、より強く介護福祉士を目指そうと考えるようになりました。

ページの先頭へ戻る